笑い飯

総合評価: 4.27 / 5.0 (回答者数11人) 79 位 / 184件中
※まだ評価はありません。
ボケ 4.7 /5.0(94.6%) 9/63件中
ツッコミ 4.3 /5.0(85.4%) 27/63件中
コント 3.5 /5.0(69%) 45/63件中
漫才 4.6 /5.0(91%) 10/63件中
フリートーク 3.9 /5.0(78.2%) 32/63件中
一発ギャグ 3.3 /5.0(65.4%) 28/63件中
大喜利 3.6 /5.0(71%) 13/63件中
リアクション 3.6 /5.0(71%) 46/63件中
11コメント
| ずがいこつ | 2018-03-21 15:28:01

伝統的な大阪らしい、でも、斬新な笑いを見せてくれるコンビ。何が好きって、1つのシチュエーションを、お互いボケとツッコミが交代しながら何回もくり返し、微妙に変化しながら延々と漫才が続いていくこと。これぞ名人芸だと思います。

% Complete
100% Complete
5
 
| 2017-06-22 13:37:01

笑い飯といえばダブルボケ。デビュー当時はとても斬新なスタイルの漫才で、今のなお、そのスタイルを崩さないところが面白い。M1グランプリで、唯一満点をもらったコンビとしても記憶に残ります。「鳥人」というネタは彼らの代表作と言って良いと思います。

% Complete
100% Complete
4
 
| ケイコと並ぶ | 2018-08-16 13:52:17

漫才は天下一品です。

% Complete
100% Complete
3
 
| 万年保証 | 2018-08-12 12:50:26

点数つける前に一言、並びの順番で ワの行は一番最後になるので、彼らにはハンデとして、もう少し好評与えても良いと思う。同じように、番組スタッフも、彼らにもう少しチャンスを与えるべきです。ネタの切れ味は抜群。何回も出まくってるうちに、それが他の番組でも発揮されるようになると推測する。

% Complete
100% Complete
3
 
| 2017-02-17 03:07:01

ネタは面白く、ダブルボケ&ツッコミは斬新で、今の所笑い飯の独占ですね。
しかし、ネタの面白さの幅がありすぎます。チンポジネタをM1で持ってくる度胸は素晴らしいですが、他にネタはなかったのか?
また、フリートークはあまり上手くないので、テレビ向きではないです。

% Complete
100% Complete
3
 
| お笑い見たろう | 2017-02-09 06:07:01

ダブルボケ・ツッコミという独特のスタイルの漫才は、観ている方はついていくのがやっとの絶妙な間合いと妙味があります。9年連続でM-1に出場し続けて、平成22年に念願叶い優勝したときは嬉しかったですね。最近は、西田は「アメトーーク!」の運動神経悪い芸人などで見かけることが多く、そんな相方の姿を哲夫はどう思っているのか聞いてみたいです。

% Complete
100% Complete
3
 
| みかん | 2017-02-08 16:26:01

笑い飯、実はずっと昔から好きで今海外に住んでますがたまに2人の漫才を見て笑って元気にならせてもらってます。また、笑い飯たまにネタが難しいな?と思うときもあるんですが、これからも、他の芸人さんにはない面白さ見せて欲しいす。

% Complete
100% Complete
3
 
| さるのこしかけ | 2017-02-08 11:35:01

人生で初めて行ったお笑い芸人のライブが、笑い飯が出演するお笑いライブでした。テレビで見た時から好きでしたが、当日のアドリブなのか台本なのか分らない、絶妙なコントが本当に面白くて、ますますファンになりました!

% Complete
100% Complete
3
 
| 2017-01-13 03:16:01

個人的にはよく分からない笑いで私の笑いのツボとは違うので面白いと思ったことがないです。でもコンビ二人ともボケるというスタイルは珍しいしネタを考えるのが難しそうですが、ちゃんと漫才として成り立っている所は素直にスゴいと思います。

% Complete
100% Complete
3
 
| 匿名 | 2017-01-10 15:01:02

Wボケというのが今までなかったパターンで最初出てきたときはびっくりした。初めてM-1で出た時のネタの印象が強く、優勝した年のはなんか旬をすぎてしまったように感じた。冠番組を持ってたけれどすぐなくなってしまったからMCよりもひな壇とかでチャチャ入れてる方が合ってると思う。

% Complete
100% Complete
3
 
| 2017-04-14 10:23:01

Wボケという、それまでになかった漫才スタイルで有名になったのは、やっぱりスゴイ。ただ、旬のうちにM-1のタイトルが取れなかったのが、やはり痛かったなという感じ。結果的には取ったけど、漫才ブームが去りつつある時期だったので、あまりブレイクもせず、もったいないと思う。

% Complete
100% Complete
2